トピックス&お知らせ

トピックス&お知らせ詳細

馬渕 知子先生が宮古総合実業高校で講演されました

ご報告

2017年2月21日


馬渕 知子先生が宮古総合実業高校で講演されました

東京栄養食糧専門学校 副校長である馬渕 知子先生が、沖縄県立宮古総合実業高校の生物生産科資源利用コースの生徒さんを対象に講演を行いました。

講演をした様子が、宮古毎日新聞に掲載されましたので記事をご紹介させて頂きます。

 

URL(宮古新報)http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=16482

掲載記事(PDF):宮古毎日新聞 掲載記事

 mabuchi

☆馬渕知子先生のご紹介☆     
 
東京医科大学医学部医学科卒業後、東京医科大学病院に勤務。その後、さまざまな部分から人間の体をサポートするために、自身でマブチメディカルクリニックを開設、同院長となる。以前から力を入れていた「食と医療」の成果を認められ、平成23年学校法人食糧学院理事及び講師に就任。また平成27年から同学院、東京栄養食糧専門学校の副校長も務める。「食」に秘められた未知の力を研究すると共に、若い世代への啓蒙を手がける。医療費削減を掲げ、福岡県大任町健康大使に就任。今後も地域を拡大し、全国の医療費の削減を目指している最中である。専門分野は分子栄養学やアンチエイジング医療であるが、多面的な知識を応用し、こどもからスポーツ選手などまで、幅広い分野において人間のサポートを行っている。 栄養学における基礎は水にあると考え、予防から治療にいたるまで水の持つ働きを活用し推進している第一人者。気さくな人柄が受け入れられ、テレビ、雑誌、講演会で活躍中。2015年に開催されるミラノ国際万博の日本館サポーターにも就任し、日本の食文化を「健康」「食育」などの観点から世界に広めることにもつとめている。