食糧学院のはじまり

大正14年(1925年)
食糧改善の目的で、本校の母体「糧友会」が渋沢栄一子爵他、農林・内務・文部・陸海軍各省庁、農学博士等の肝いりで創設されました。

昭和14年(1939年)
食糧学校創立開校。ビタミンB1の発見者である東大名誉教授鈴木梅太郎博士他、各省庁の肝いりで、素晴らしい教授陣容を整えて開校しました。 初代学長は貴族院議員、陸軍中将の三井清一郎先生。


昭和14年食糧学院(当時は食糧学校)は「国民に対する食糧・栄養の指導者の養成」を目的に設立されました。
当時から著名な先生方が集まり、優れた人材を輩出して参りました。その諸先輩方に支えられ、食糧学院は現在も様々な取り組みを行っております。

沿 革

1918年(大正7年)
米騒動直後の陸軍のシベリア出兵に際して糧秣調達困難を来し、食糧問題研究会を陸軍大尉の呼び掛けで発足
1925年(大正14年)
本学院の母体になる財団法人「糧友会」を設立。国民の食生活の安定、体位向上を目的に、当時の陸軍省・内務省・農林省が中心となってつくったもので、食糧問題調査研究機関として活動
1939年(昭和14年)
「糧友会」が中心となって、本学院の前身である「食糧学校」を東京の本郷に設立。栄養・調理・製パン・缶詰など、当時の食生活全般にわたる指導者の養成を始める
1940年(昭和15年)
皇紀2600年記念祝典用食饌品の調整を行う
1941年(昭和16年)
校舎を角筈(現在の新宿)に新築移転
1943年(昭和18年)
食糧学校顧問鈴木梅太郎文化勲章受章
1945年(昭和20年)
空襲により校舎焼失、千葉、そして長野に学校疎開
1946年(昭和21年)
学校を世田谷池尻2-23-11(現校地)に再開、財団法人食糧学校として開校
1947年(昭和22年)
栄養士法の制定により栄養士養成施設(1年制)として厚生大臣より指定される
1953年(昭和28年)
財団法人から学校法人に変わる
1957年(昭和32年)
法人名を食糧学院、学校名を東京栄養食糧学校と改める
1959年(昭和34年)
創立20周年
1960年(昭和35年)
東京調理師学校(夜間部)開校、調理師養成施設として厚生省より指定される
1966年(昭和41年)
東京調理師学校昼間部認可
1976年(昭和51年)
学校教育法に基づく専修学校認可により、校名を東京栄養食糧専門学校、東京調理師専門学校に改める
1984年(昭和59年)
新宿区西新宿に地下1階、地上6階建の新校舎を新築し、東京調理師専門学校を移転開校する。東京調理ビジネス専門学校を世田谷区池尻に開校
1988年(昭和63年)
サンフランシスコ市に食糧学院北米事務所開設
1989年(平成元年)
オーストラリアのリージェンシーTAFEと姉妹校提携
創立50周年記念式典
1999年(平成11年)
創立60周年記念式典
東京栄養食糧専門学校 製菓・喫茶経営科開設
2000年(平成12年)
シドニーオリンピックへ教職員・学生を派遣
2003年(平成15年)
東京栄養食糧専門学校 管理栄養士科(4年制)を開設
2004年(平成16年)
アテネオリンピックへ教職員・学生を派遣
東京栄養食糧専門学校 教員養成校として認可される(栄養教諭1種・2種)
アメリカ・オーランド、ウォルトディズニーワールド・スワン&ドルフィンホテルと研修生派遣提携
フランス、国立グルノーブル・ホテル調理校と提携
2005年(平成17年)
東京ホテルビジネス専門学校が池袋新校舎へ移転
2007年(平成19年)
東京栄養食糧専門学校 フードコーディネーター3級養成校として認定
食糧学院同窓会を食糧学院学友会に改称
2009年(平成21年)
創立70周年記念式典
シャトー・モンビラジェンヌと研修生派遣提携
2010年(平成22年)
アプルモン ゴルフと研修生派遣提携
2011年(平成23年)
韓国彗田大学と教育交流協定を提携
東京栄養食糧専門学校 管理栄養士科定員80名へ
ホテル・ドルチェ、アマリリスと研修生派遣提携
2012年(平成24年)
ホテル・モンロワイヤル、ホテル・エメラルド、ラ・フランスと研修生派遣提携
2013年(平成25年)
東京調理師専門学校 パティシエ・ブーランジェ科開設
オーベルジュ・ドゥ・レタンズと研修生派遣提携
2014年(平成26年)
シャトー・アベニェール、クロス・デ・センス、ビー コム プラセリーと研修生派遣提携
2015年(平成27年)
東京調理師専門学校より、校名を東京調理製菓専門学校に改名